エンタメ通訳日記 2

(株)ミーム・コミュニケーションズの通訳チームが日々奮闘! エンタティメント業界の通訳・翻訳の雑記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスト生誕の地に日本人建築家が続々と...

日本の建築界の蒼々たる人々、今をときめく建築家たちにインタビューをし、本を出版したり、海外メディアに発表したりしている日本在住のオーストリア人アーティストのRoland Hagenberg氏。私の尊敬するジャーナリストでもあり、通訳のお得意様でもあります。

Roland氏が今、日本とオーストリアを結んで、ひとつのプロジェクトを起こそうとしています。
Raidingという小さな村に、日本のスター建築家たちのデザインによる、小さなシェルターを建築しようというのです。

現地に原広司、隈研吾、藤森照信などの先生方はすでに足を運び、展示会やワークショップなどおこなっておられます↓ こちらはその様子



で、ついに、そのプロジェクトの全貌を、ここ東京でも見ることのできる機会が設けられました!
八重洲の"BMW SHOWROOM" で、10月3日まで、RAIDING PROJECTの展示会が開催されておりまーす。
Raiding 1
Raiding2

私は、さっそくオープニングの日にお邪魔して参りましたが、かっこいいMINIのクルマはもちろんのこと、隈研吾、青木淳、伊藤豊雄、SANAA (妹島和世+西沢立衛)、 手塚貴晴+由比、山下保博、原広司、藤森照信、大野秀敏といった個性あふれるメンバーによるRaiding Cubeのモデルは、近未来の人間の暮らしの場所として、先生方がどんなイメージを浮かべていらっしゃるのか、そのGlimpseを味わう感じで、なかなかワクワクするものでした!
興味のある方は、ぜひ足を運んでみてください!

Roland氏の最新の著作はこちらです↓


なりたいのは建築家―24 ARCHITECTS IN JAPANなりたいのは建築家―24 ARCHITECTS IN JAPAN
(2011/06)
ローランド ハーゲンバーグ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

とんぼ says... "Raiding展示会"
八重洲BMWショールームでの展示会、好評に付き10日(祝)まで会期延長だそうです! この機会に、ぜひ!
2011.10.05 21:35 | URL | #SFo5/nok [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://takoyaki900.blog136.fc2.com/tb.php/57-df317a76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。