エンタメ通訳日記 2

(株)ミーム・コミュニケーションズの通訳チームが日々奮闘! エンタティメント業界の通訳・翻訳の雑記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせ行くならスゴイ船旅?

翻訳プロジェクトのお得意様のなかにオーシャン・ドリームさんという、素敵な船旅のスペシャリストがいらっしゃいます。
こだわりのクルーズでナイル川を旅したり、さまざまな個性あふれる船旅をご紹介くださる会社です。
オーシャン・ドリームさんからの翻訳プロジェクトは、いつも私たち翻訳者までも、しばし「夢のクルーズ」へと誘ってくれます。

北極、南極への旅があったかと思えば、ヨーロッパの田舎を川から川へとのんびり巡る不思議な旅があったりします。

川の「旅」といえば、私の個人的な体験としては、いつか出雲に旅行にいった時に家族で乗った「ぐるっと松江堀川めぐりくらいしか思いつきません。もちろん、こちらはこちらでとてもナイスなのですが、

ぐるっと松江

オーシャン・ドリームさんのおすすめしている「川下り」は、ちょっとスケールが違うみたいなんです

DownloadedFile-1.jpeg

何年か前に京都に旅行した時、ローカルなお友達に「河床」というのに連れて行ってもらい、その涼しさにびっくりしたのを思い出しました。川面の近くまで降りて行くと、冷房の効いた部屋に足を踏み入れた時くらいに急に涼しくなって、本当に快適なんです!

川の旅って、ずっとそんな感じの状態が続くって考えればいいのかなあ。

夏休み、旅する人々のニュースが多く聞かれます。
皆さんも、次の旅の企画のときには「川」を主役に考えてみるのもありかも、ですね!


Sea Dream VOL.13―海へ The Magazine for Your Marine Life (KAZIムック)Sea Dream VOL.13―海へ The Magazine for Your Marine Life (KAZIムック)
(2011/06/30)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。