エンタメ通訳日記 2

(株)ミーム・コミュニケーションズの通訳チームが日々奮闘! エンタティメント業界の通訳・翻訳の雑記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクター・ベイリーのリズムの世界

ベースのお兄さん、ヴィクター・ベイリーのリーダー作

Slippin' 'n' Trippin'

の日本盤が2月23日にリリースです。外盤よりも2曲多く入ってまして、歌詞のある曲には私が対訳をつけさせていただきました!

フィラデルフィア出身のベーシストといえば数多いのですが、中でも五本の指に入るかっこよさだとはお思いになりませんか??



あの、Jacoの後任としてWeather Reportに加入したという腕利きで、話を聞いたり、ホームページの自筆バイオを読んだりしていると、かなりの自慢屋さんなのですが、そんなビッグマウスも全然気にならない、茶目っ気のあるキャラです!

母校Berklee School of Musicには、今もたまに後輩を教えに行っているとのこと。こちらは、過去にバークレーのクリニックで披露したGiant Stepsのベースのところ



おなじみの、ジョン・コルトレーンのGiant Stepsですね:



バークレー音楽院のサマースクールには、英語を第二言語として学ぶ人のためのESLと音楽をセットにしたプログラムもあるので、日本のミュージシャンのみなさんも時間を作って行ってみてほしいです。素晴らしいミュージシャンたちとガチで出会えるチャンスがきっとあるはずなんです!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。